その人は「生活」している/ The person is "living"

フリーの画像素材サイトからマッチする画像をダウンロードして、動画やブログなどの視覚的な効果を作る人はいまや世界にたくさんいる。

特に人物の写ったフリー素材写真は特に使い勝手が良い。

では、その写真に写る「人物」は「生きている」のだろうか?

「外国人」「LGBTq+」などの言葉をニュースや言説で聞いたとき、何人の人が、人格を持った実際に生きている人間として想像するだろう?

このシリーズでは、フリー写真素材のサイトから人物の写る写真を選び、それを元に「ここに映るモデルの人は、生まれてからどんな時間を過ごしたのだろう?」と勝手に推察し、作者の経験と重ねあわせて1つの絵としたものである。

日本の漫画で発展してきた時間表現・コマ割りの効果を使っているのが特徴だ。

Minorities such as LGBTq+ and foreigners are sometimes simplified and treated as if they do not exist, when in fact they should be living as normal people.

This is a series that expresses what I wrote above through "a person who is treated as a material by users who download photos, but who actually lives and exists as an ordinary person", based on attractive photos of people on free images material sites.

 

At the same time, Miyabi is also incorporating the time expression of Japanese menga, the panel layout. 

IMG_3329_jpg.JPG

次元の突破/ Breaking Through Dimensions, h727×w606(28.6×23.8 inch), oil on canvas, 2021

子ども時代は目に見えない/Childhood is invisible, h333×w242mm(13×9.5 inch), oil on canvas, 2021

IMG-4471-jpg.JPG

on the Stage, h455×w380mm(17.9×14.9 inch), oil on canvas, 2021 

この人は何を思考しているのだろう?/ What is he thinking about?, h333×w242(13×9.5 inch), oil on wooden panel, 2021